*

ネットショップの開業費用と内装リフォームを含めた実店舗費用の比較と考察

販売業者からすると、ネットショッピングサイトを持つことは、実店舗を持つのに比べるとはるかにコストが安く、リスクも低く始めやすいです。

独自ドメインを取得して、お店の独自サイトを展開したり、ヤフーオークション、ヤフーショッピング、楽天、Amazon、ビッダーズなど、各モールに出店したり、商品のみ出品したりなど、ネット販売の展開は様々です。

コストとしては、サイトの制作費、ドメインサーバ費用、毎月のランニングコスト(管理会社に委託した場合代行料)、広告費、モールなどに出店・出品した場合は月額費・売上に対するロイヤリティがかかります。

どこにでも売っている仕入品の場合は価格競争となり、厳しい面もありますが、オリジナル商品の場合、個人が自宅で商品を作って、小さく始める事も可能です。

それに比べて実店舗を持つ場合は、土地・建物が必要になってきますので、購入するにしても借りるにしてもコストが高くつき、新しく始めるのはリスクが高いです。

具体的な費用としては、ネットショップの場合は数万~200万以内ほどで始められるため、個人の副業でのせどりなどが増えておりますが、実店舗の場合は賃貸であっても保証金に数十万~数百万、家賃は月額数十万、購入となると数千万~数億円が必要です。

脱サラしたり、定年退職後の第二の人生として、数千万円を元手に飲食店などを始める方もおられ、または、実店舗であっても工夫をして、自宅を改装して小さく始める事もできます。

最近は居抜き物件として、前テナントの設備等をそのまま使って安くスタートすることもできるようです。

好きな内装にリフォームをしたりする場合には、リフォーム会社や設計事務所に頼んで好みの店舗に変身させる方もおられます。

内装リフォームをする場合は、業者選びを慎重にして、満足のいく店舗へ仕上げてもらいましょう。

関西で店舗展開を考えておられるなら、リフォームのことなら姫路の住空間建築設計のサイトが参考になります。実際のリフォーム費用の感覚がつかめて、業者選びのポイントもわかります。

内装リフォームも含めたトータルの店舗コストを比較して、実店舗で始めるか、まずはネットショップで始めるか判断の材料にしてみても良いかもしれません。

2013/10/21 | その他

関連記事

新着記事

no image

住宅設備の購入はネットか近所のリフォーム会社・設備屋か

まだまだ伸びしろのあるネットショッピングの市場ですが、楽天・アマゾン・...

記事を読む

no image

解体工事に使う重機・トラックなどをネットで扱いサイト展開するのは面白そう

販売店やネットショップで男の子たちに人気なのが、ミニカーや重機のおもち...

記事を読む

no image

ネットショッピングの普及と買い物の仕方の変化に期待

ネットショッピングが急速に普及し、買い物の仕方が変わってきている現代。...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑